撮影

構図を決める考え方!『視線の誘導』が写真を良くする!

スポンサーリンク

ここまで主題を真ん中からずらした構図ばかりを解説してきましたが、その一番の目的が、″見る人の視線を動かしたい″からです。
被写体に合わせて適切に視線を誘導することで写真への没入感が高まります。
逆に、うまく視線を誘導できないと、何を撮りたかった写真なのか、見る人に伝わりません。

例えば次の写真のように被写体を真ん中に置いても、周囲でフレームを作ってあげたら視線は自然と中央に集まりますよね。

 

 

 

 

『見る人の視線をどう誘導するか』が構図を決めるポイントなのです!

スポンサーリンク

-撮影

© 2020 デザインプラス 無料 動画・写真素材倉庫