撮影

撮影の意識!広角と望遠の写る「情報量」!

スポンサーリンク

前回のブログに続き、広角と望遠の特徴を意識して撮影してみましょう。

その場でのズームなどしてませんか?
初心者がズームレンズを使ってやりがちな失敗は、足を使わず、その場でズームリングを動かして構図を決めてしまっていることです。
主題のサイズは変わりますが、同時に背景のサイズも変わっていることにも注意しましましょう。
自分の足を使って立ち位置を変えると、自由に背景を選んだり、広角側で背景を広く写したりすることもできます。
大まかなズーム量を決め、それに応じて自分が動くという意識が大事なのです。

はじめは撮りたい「情報量」に着目してみると良いでしょう。
1枚の写真の中にどれだけ情報を入れたいか考えるのです。

たくさん情報を入れたいなら広角に設定し、被写体のサイズは自分が移動して調整。

シンプルにしたいなら望遠にしてから距離感を調整します。

広角で情報量を増やすか、望遠で主題を強調するか。
この順番を身に付けると上達が早くなりますよ!

スポンサーリンク

-撮影

© 2020 デザインプラス 無料 動画・写真素材倉庫