撮影

写真の記録できる原理!光を画素で受け止めて画像が出来上がる!

スポンサーリンク

前回のブログに続き、写真の記録できる原理を掘り下げてみることにしましょう。
デジタルカメラの心臓部とも言えるのがイメージセンサーです。
イメージセンサーの表面は光を電気信号に換えるための極小の部屋がいくつも並んでおり、カメラのスペックに「2400万画素」とある場合はイメージセンサー上に2400万個もの部屋が並んでいることを意味します。
それぞれの部屋(画素)には、光を電気信号として記録する『フォトダイオード』、光を分解して色を判断する『カラーフィルター』、光をフォトダイオードに届ける『マイクロレンズ』と、光や色を正確に記録するための工夫が施されているのです。
ここで変換された膨大な数の信号がカメラ内で1つにまとまることで1枚の写真が作られます。
光を電気信号に変換するフォトダイオードは光の強弱の判断はできますが、色を判断することはできません。そこで光の三原色である赤(R)緑(G)青(B)のカラーフィルターを画素ごとに並べることでカメラは色の情報を得ています。定番の配列がベイヤー配列で、多くのカメラに採用されています。
光を画素で受け止めて画像が出来上がるのです!

スポンサーリンク

-撮影

© 2020 デザインプラス 無料 動画・写真素材倉庫