撮影

カメラの「ホワイトバランス」とは!光の色を補正してくれるもの!

スポンサーリンク

カメラの色をコントロールするには「ホワイトバランス(WB)」を使います。
これは被写体の「白」をカメラ側に教えてあげる機能ですが、実際に使うときは「光源の色をカメラに教える」と覚えた方がイメージしやすいでしょう。

カメラは光源の色を判断するのが苦手なので、『今はこの色の光源で撮影していますよ』と教えてあげるのがホワイトバランスの基本的な使い方です。

 

 

ホワイトバランスの光源にちなんだアイコンで指定するカメラがほとんどです。

また、上級的な使い方として色温度(K)という数値を設定することも可能です。
ホワイトバランスは青みが増す設定と赤みが増す設定に大きく二分されます。

ホワイトバランスが光の色を補正してくれています!

スポンサーリンク

-撮影

© 2020 デザインプラス 無料 動画・写真素材倉庫