撮影

絞り優先AEの使い方!絞りという仕組みでボケとシャープをコントロール!

カメラをはじめた初心者を悩ませる最大の挫折ポイントが「F値って何?」ですが、F値がもたらす2つの効果をきちんと分けて理解することができれば大丈夫です。
1つ目の効果は以前紹介したカメラに取り込める光の量(写真の明るさ)の変化。2つ目の効果が今回詳しく取り上げるシャープに写る範囲(ボケ具合)の変化です。

これら2つの効果をゴチャゴチャにせず分けて考えられればF値は難しくありません!

 

 

F値を小さくすると主役が目立つ

手前のひまわりを強調したかったため、F値を小さく設定して、主役のひまわり以外はぼかして表現しました。
見せたい部分を限定できるのがF値の役割です

 

F値を大きくすると細部までくっきりと写る

画面全体を手前から奥までシャープに見せたかったため、F値を大きく設定しピントの合う範囲を広げて表現しました。

 

絞りはボケの量をコントロールできる重要な設定。
プロカメラマンの多くも使っている絞り優先AEの使い方を覚えていきましょう!

-撮影

© 2020 デザインプラス 無料 動画・写真素材倉庫