撮影

ブレの落とし穴!暗い場所での撮影は注意!

スポンサーリンク

前回のブログでお伝えしたとおり、F値はカメラに入る光量とも関わるため、暗い場所で絞る(F値を大きくする)とシャッター速度が低下してブレにつながりやすくなることに注意しておきましょう。

暗い場所で絞りたい場合はISO感度を上げるか
三脚を使うことで対処しましょう。

暗い場所でF16と大きく絞ってしまったため、シャッター速度が遅くなり手ブレを起こしてしまいました。絞り過ぎると光の通り道が狭くなります。
夕方以降、光量が落ちる時間帯や室内ではシャッター速度の低下を招いてしまいます。暗い場所では絞りすぎに注意しましょう!

以前ご紹介したオススメの三脚こちらになります!

スポンサーリンク

-撮影

© 2020 デザインプラス 無料 動画・写真素材倉庫