撮影

一眼レフ撮影上達方!距離をうまく取りながら背景の入れ方を決める!

スポンサーリンク

前回のブログに続き、
ひと味違った望遠レンズの効果を引き出すには主題と背景(もしくは前景)の距離の違う2つのポイントを意識しましょう。

圧縮効果を狙うなら主題から十分に距離を取り、主題と背景のバランスを確認します。
効果が足りなければさらに距離を取りズーミングすることで主題サイズはそのままに背景が大きくなり、より距離感が喪失します。
切り取り効果も同じように背景サイズを調整しながらできるだけシンプルな背景を作りましょう!

より遠い背景を選んで圧縮効果を生かす

望遠で被写体を捉える場合は、背景の抜け感を意識してみましょう。
被写体と背景が近いと写真に息苦しさを感じやすくなってしまうシーンはよくあります。
遠い背景なら圧縮効果を生かしつつスッキリ表現できます。

背景をシンプルにして切り取り効果を生かす

ある被写体をピンポイントに着目して切り取る場合も背景の入れ方を意識します。
画角が狭い望遠レンズなら少し立ち位置を変えただけで背景のイメージがガラッと変わってきますから。
ベストな背景をしっかり考えてみましょう。左の写真は背景が暗くボケて写ってしまっています、右の写真のように画面全体が明るい透明感を出しましょう。

標準レンズと同じようなアプローチで撮ると、ただ情報量が少ないだけの雑な写真になりがち。距離やアングル変化で背景の入り方に注意しましょう!

スポンサーリンク

-撮影

© 2020 デザインプラス 無料 動画・写真素材倉庫