撮影

一眼レフカメラのSDカード選びのポイント!

スポンサーリンク

写真のデータ量は大きく
連写時はカメラからメモリーカードに膨大なデータが流れていきます。
SDカードの性能が低いと撮影テンポが悪くなるため
できるだけ高速で信頼できるブランドカードを使いましょう。

 

容量
RAW+JPEGにも対応できる大容量タイプがおすすめです。
32GB程度がコストパフォーマンスも高いです。

転送速度
〇〇MB/sというような数字が書いてあります。
転送速度60MB/s以上の高速タイプがおすすめです。

スピードクラス
最低保証速度を意味します。
途中で記録が途切れると困る動画撮影時に参考にすべき表記です。

規格
主流の規格は通常のUHS-Iと高速なUHS-Ⅱの2クラス。
後者はカメラが対応してないと高速化されません。

SDカードの知識を身に付けておきましょう!

スポンサーリンク

-撮影

© 2020 デザインプラス 無料 動画・写真素材倉庫